無印リビングでもダイニングでも【ソファチェアのみ】

最終値下げ!MARTINIANO マルティニアーノ フラットシューズ
商品の状態
目立った傷や汚れなし
配送料の負担
送料込み(出品者負担)
配送の方法
未定
発送元の地域
未定
発送までの日数
2~3日で発送
DAI様専用!

出品者

コメント (0)

この商品を見ている人におすすめ

  • NVIDIA quadro k6000 グラフィックボード RTX
  • RJX-601 - Wikipedia

    RJX-601 (アールジェーエックス ろくまるいち)は、松下電器産業(現・ パナソニック )が製造した アマチュア無線 用 無線機 である。 概要[ 編集] 50MHz帯(50〜54MHz)AM( 振幅変調 )/FM( 周波数変調 )2モード( 電波型式 )のポータブル(可搬型) トランシーバー である。 登場までの経緯[ 編集] 50MHz帯はアマチュア無線人口が増えつつあった 1970年代 半ばの入門バンドとも言われており、以下の特徴を持っていた。 VHF 帯で 波長 6mと比較的 アンテナ は小型で容易に設置可能であった。 通常の伝播は地表波伝播で100km程度まででも、山岳をはじめとする高所での移動による運用では見通し距離が大幅に伸びること。

  • Makita マキタ 充電式ディスクグラインダ GA404DN 本体のみ 中古
  • iphone7 plus 128GB silver simロック解除済
  • ナショナルRJX-601のカタログなど

    ナショナル RJX-601 カタログ ナショナルRJX-601といえば、言わずと知れた往年の名機。 この度、当時のカタログ等を入手致しました。 記念にUPしたいと思います。 昭和49年4月15日版のカタログ。 黒を貴重とした静観なイメージです。 BCLラジオのカタログを連想させます。 50MHz帯のポータブル仕様。 モードはAMとFM、送信出力は3W/1W切替。 こちらは昭和52年1月版。 HF帯のRJX-1011シリーズも加わり、さながら高級オーディオの雰囲気です。 お珍しい、当時の値札。 未使用の綺麗なままです。 37,000円也。 「ナショナルRJX NEWS」という新聞も刊行されていました。 1976年5月創刊号。 全6頁。

  • 【激レア】old time hockey パーカー ビッグサイズ OILERS
  • アマチュア無線の時代の到来を告げた松下電器の入門機 「6m AM-FM Tra

    そんな中、発掘したのが今回紹介する昭和を代表する無線機、ナショナルのRJX-601だ。 この無線機は70年代からアマチュア無線が徐々に流行した時期に入門機として人気を博した。 当時BCL※が流行りだした頃で、ナショナルも「吠えろクーガ」の愛称で本格的にBCL向けラジオを販売し始めていた。 この無線機はその頃に発売され、デザインも当時流行っていたミリタリーとメカニカルなインターフェースが特徴だ。 6メーターという当時人気のあったVHF帯のトランシーバーのため、写真では表現できないがロッドアンテナも相当長い。 性能は入門機としては十分で、ポータブルとして外で使うことはもちろん、帰宅後は外部アンテナを繋いで固定機として使用と、幅広い活用が可能なオールマイティーな一台だ。

  • ふじモン様専用
  • 【新品・未開封】PS5本体 ホライゾン同梱版 Horizon
  • パナソニックRJX-601 | jr1bal

    パナソニックRJX-601 | jr1bal Brilliant Audio Laboratory JR1BAL 受託設計・技術相談・修理引き受け ブリリアント・オーディオ・ラボラトリー アマチュア無線 オーディオの修理 無線機の修理 回路設計 新スプリアス対応 Email : takashi.shiga@jcom.home.ne.jp or jr1bal@jarl.com Tel : 070-5553-6635 FAX : 03-3388-8943 Main customer 保有測定器 最近のお知らせ アマチュア無線のページ 自作コンテスト応募作品 RJX-601 回路図 取扱説明書
  • LOUIS VUITTON【ルイヴィトン】 M61083
  • Chums ギターケース
  • ナショナル RJX-601

    ナショナル RJX-601 リグの説明 松下電器がナショナルブランドで発売した50MHzハンディ機です。 トリオのTR-1200/1100Bと井上のAM-3Dが売れ筋だった分野に大手メーカーが参入し、一気にシェアを奪ったという伝説のベストセラーです。 家電の有名ブランドやCM力だけでなく、リグそのものの性能・デザインも優秀でした。 受信・送信が共通のVFOで周波数合わせの必要もなく、帯域幅4MHzをフルカバーしています。 FMも「おまけ」ではなく、ある程度使えます。 「おまけ」と称したのは、他社は受信のスケルチつまみがなく、待機時は受信ノイズが出っぱなしだからです。 スケルチは必須ですね。 裏面にはスイッチがありません。
  • 1960,1970年代は群雄割拠の50MHz帯無線機のメーカー | 川花書房の買取
    ナショナルのRJX-601発売の背景 1966年から始まった養成課程講習会の影響もあって、アマチュア無線人口が増えつつあった1960年後半から1970年代半ばにかけては、50MHz帯はHF機に比べて安価な事もあり入門バンドとして、学生達にも人気がありました。 上記のように今では名も知らないような、ガレージメーカーも含めて各社が競っておりました。 トランシーバーでなく送信機としてはこれ以前にも、各社から発売されておりました。 有名どころとしてはデリカの50/144MHz送信機があります。 通常の地表波伝搬では100Km程度ですが、HFと違って50MHz帯はポータブルトランシーバーが多くありましたので、山などロケーションの良い所に簡単に移動でき、さらに交信距離を延ばせます。
  • コンビ クルムーヴ スマートISOFIXシリーズ CG CIG